民事事件のことなら、大井町駅徒歩3分の品川中央法律事務所にお任せください。

迅速・誠実な対応と,細やかなご報告を致します

品川中央法律事務所

〒140-0014 東京都品川区大井1-11-1 大井西銀座ビルC棟6階

03-5718-7030

営業時間

原則として平日9:00~18:00
(18時以降,土日祝日も可能な場合はご相談をお受け致します。)

弁護士の1週間カレンダーを公開しています

交通事故のご相談について

保険会社が提示する示談金額は安い場合があります

あなたが交通事故の被害にあい,相手方の保険会社から示談金を提示されたとします。プロの保険会社が言う金額なのだから,間違いないはず…。テレビのコマーシャルで聞いたことのある保険会社だから,詐欺などしないはず…。

そう考えて,安易に和解(示談)をすると,損をしてしまう場合があります。

弁護士に依頼して,金額に大きな差が出る場合があるのは,慰謝料の金額です。

慰謝料を決める基準には,①自賠責保険基準,②任意保険基準,③裁判所基準,の3つがあります。①は金額がもっとも低く,②は各保険会社ごとにバラバラですが,およそ真ん中,③は金額がもっとも高いです。

保険会社は,さも当然のように②に基づく金額を提示します。③について説明してくれることは,ありません。

弁護士は,③の基準に基づいて慰謝料を算定するので,慰謝料の金額を高くできる場合が多くあります。

保険会社からの提示金額に応じる前に,弁護士に相談し,納得してから和解しましょう。

後遺症の認定について

後遺症とは,ケガなどが治癒しても,機能障害などの症状が残ることを言います。残った傷跡も,後遺症に該当します。

後遺症には,その重症度に応じて,第1級から第14級の等級に分けられます。第1級とは,例えば脳にダメージを負い,寝たきりになり常に介護が必要な状態を言います。第14級とは,例えば腕の露出面に,手のひらの大きさの醜いあとを残す状態を言います。

いったん病院で後遺症の等級を認定されても,等級を争うことができます。その方法は,①保険会社ないし自賠責保険会社に対する異議申立て,②自賠責紛争処理機構への申請,③裁判,です。

いずれも専門的知識がなければ,等級を覆すことは困難なので,弁護士への相談をお勧めします。

弁護士費用についてはこちらをクリック

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-5718-7030

受付時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

18時以降,土日祝日も,可能な場合はご相談をお受け致します。

お仕事などで夜の遅い時間帯にご相談に来られる方もおられます。